So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone7用 bluetoothイヤホンの考察(1) [iPhone]

iPhone7の予約が開始になり、Apple推奨の「AirPods」を買おうかどうか、迷っている人も多いのではないでしょうか?

でも、16,800円という価格は、かなり高いし、デザインもオシャレとは言い難い。
デザインを重んずるAppleらしくない・・・という印象です。

そこで、もっと安くて使いやすくてオシャレなbluetoothイヤホンは無いものか?とあちこち電気街を探しまくったのでレポートします。
まず、イヤホンの種類から。

・耳掛けタイプ
・カナル形で
・インナーイヤー型
・スポーツ用

といった種類があり、これらは多少重複しています。

耳掛けタイプは、耳の外側に輪っかを引っ掛けて落ちにくくしたものです。耳が痛くなるのが欠点です。
それに、意外と装着が難しいんですよ。

カナル型は流行ってますね。耳の穴の奥の細い所まで差し込みます。穴のサイズは人によって違うので、イヤーピースというものを穴のサイズに合わせて購入する必要があります。
音質は素晴らしいのですが、自分に合うものを探し出すまでが一苦労です。
マニア向けだと思っています。
すっぽり入ると圧迫感もあります。

インナーイヤー型は、今までの一般的なイヤホンと同じです。軽く耳に挿すだけで、サイズは一律です。
AirPodsもこの種類です。
欠点はよく抜けたり落っこちたりすることです。
サイズが一律なので耳に合わない事も稀にあります。

最後のスポーツ用は、インナーイヤー型の変化系と思えば、だいたい当たっています。
イヤホン本体にツノのようなゴムの突起物を付けることで、インナーイヤー型のイヤホンがポロリと落ちる事を防ぎます。
これはなかなかのアイデアで、よく出来ています。
でも、このゴムに頼り過ぎている分、フィット感に乏しいイヤホンが多いのも事実です。

さて、bluetoothイヤホンとして、どのタイプにアドバンテージがあると思いますか?

実はオーバーヘッドタイプが最も優れています。
オーバーヘッドタイプとは、ヘッドホンの事で、もはやイヤホンの話では無くなっています。

でも、これくらい大きくて重くないと、bluetoothイヤホンとしての高性能を保ち辛いのです。
理由はバッテリーと通信回路です。

スポンサーリンク


私も今、1つ、軽くて小さいスポーツ用のbluetoothイヤホンを持っているのですが、
・連続再生時間がたったの4時間
・電波感度が弱くてすぐに届かなくなる
・音質は悪いし音途切れや雑音が気になる
とまあ、ボロクソです(笑)。

これを打破するには、バッテリー回路部分を耳からは離すしかない!というのが、私の色々見てきた中での感想です。

解決編については、次の記事で書きます。


スポンサーリンク



nice!(0) 

nice! 0