So-net無料ブログ作成

横断歩道で歩行者優先しないと道路交通法違反です [ニュース]

今朝のNHKニュースで「信号機の無い横断歩道で、歩行者が待っているのに、道を譲らない車が90%」という調査結果を取り上げていました。

これはもちろん、横断歩道では車よりも歩行者が優先であるという、道路交通法の大前提を、守っていないドライバーが多過ぎる! という実態にメスを入れようという試みに関するニュースです。
この調査はJAFが行ったのですが、今後、JAFでは「信号機の無い横断歩道に歩行者が居る場合に、必ずドライバーが一時停止するように啓蒙活動していきたい」と言っているそうです。

素晴らしい取り組みですね!!

実はこれ、私も免許を取ったときに習った道路交通法の基本だと思うのですが、実際は認知度が低く、私自身ドライバーだった時に、歩行者に道を譲った覚えがほとんど無いのです・・・。

まあ、歩行者がよく横断するような道路をそもそも選ばないという傾向はあったと思うのですが、認知度が世間一般で低いというのは事実です。

私の家の前には、比較的交通量の多い「裏道」がありまして、毎朝、そこの横断歩道を渡るのですが、まさに「9割」いや、それ以上の割合で、自動車が全く止まってくれません。
私は誰かが止まってくれるまで、延々その横断歩道手前で待ちぼうけ・・・です。ひどいときは数分間、動けません。
もう、旗でも振ろうかと思う位、本当に酷いんです。
たぶん、通勤時間だからなんでしょうね。
車を運転する皆さんも、急いでいるみたいで、歩行者に道を譲っている暇が無いという。

スポンサーリンク

田舎には、こんな裏道はいっぱいあって、横断歩道はそのために定期的に道路に刻印されているのです。
それなのに、止まってくれなければ、横断歩道の意味が無い。

JAFさんには、本当に、頑張って、啓蒙活動して欲しいなぁ・・・と私は切に思うのでありました。

皆さんも、今度、横断歩道で待っている人を見掛けたら、誰よりも早く、道を譲りましょう!!


スポンサーリンク



nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。