So-net無料ブログ作成
検索選択

君の名は。ネタバレ無し感想。8週連続1位はダテじゃない! [アニメ]

ブームからだいぶ出遅れている気はしますが、観客動員数8週連続1位、興行収入154億円突破の人気アニメ映画「君の名は。」を観てきました。

口コミを読むと賛否両論あって、それでも平均点はかなり高め、低い点数を付けている人は女性の成人が多い印象。しかも結構な映画好きに酷評されている場合はあるものの、アニメファンの皆さんからは概ね高評価です。
こういった口コミの分布から「私には合うかも知れない」と思いました。

映像が美しい・・というのは、最近のアニメ映画に欠かせない要素です。
何故なら、そういう要素が無いと、アニメファンはDVDが発売されるまで待ってしまうからです。
今回「君の名は。」は、その映像美について必ず触れられる作品となっていますか、そんな背景を考えれば、そこだけが売りの作品では無いだろうと想像されます。
それに、映像の美しさだけで8週連続1位は難しいでしょう。

また、アニメ映画は新しい試みに満ちています。とくに日本のアニメ映画は、過去に数々の常識を打ち破ってきた、先進的なジャンルです。
私達アニメファンは、たとえ期待を裏切られても、結構打たれ強いです(笑)

さて「君の名は。」ですが、観客は老若男女幅広いとの噂です。
そうなると、昼間は混むのかなぁ・・レイトショウにして安く観るか? なんて考えながら、TOHOシネマズのサイトをウロウロしていたら「シネマイレージウイーク10/22〜10/28は映画1,100円」と書かれているではありませんか!

「やった! 『君の名は。』が1,100円で観れる! 会員で良かった!」
という訳で、一番近い時間を予約・・・むむっ! 良い席がもう埋まってるやん。
では、その次の時間帯・・・ほっ・・・無事、良い席が取れました。
という訳で私の予約は15時の回になりました。

映画館にギリギリに着いて席に着きます。確かに老若男女、家族連れも多いような・・・満席に近い状態、凄い人気です。
まだまだロードショウは続くのかな?

映画の時間は1時間47分。
長くもなく、短くもない、この時間をどう使って表現するのか?

前半はゆっくりと時が流れます。
この映画の世界観は日常のようでちょっと非日常。時代はいつなんだろう? あぁ、スマホを使っているから現代なんだね・・・なぁんて、少しずつ理解しながら、映画に没頭していきます。

途中、コミカルなシーンも交えつつ、中盤から段々目が離せなくなってきます

話の展開も速くなり、スマホの画面1つで何が起きたのかを悟らなければならなかったり、観ている方も頭をフル回転!

時の流れ、場所、起きている事象を立体的に捉えながら、映画のストーリーは進んで行きます。

加速・・加速・・加速・・そして!!

映画を見ているのに風を感じたりします。

見事です。作り込みましたね。

ブラボー!! 思わず拍手してしまいそうな出来でした。

スポンサーリンク

という訳で、ネタバレ無しで書くと、こんなに抽象的になってしまうのですが、私は最高に良かったと思います。

一アニメファンとして、この作品は1つの歴史を作ったと思いました。

映像美とストーリー展開を融合して、芸術作品に仕上げたもの。

当たり前っちゃあ、当たり前なんですけど、「君の名は。」のそれは、一歩先に進んでいます。

こんなの、当たり前で出来るこっちゃ無いよ!!
ある意味すごい偶然が生んだ奇跡なのかも知れません。

まだ観てないアニメファンは必見!!
オススメです!!

(追記)
「君の名は。」は、結局この週も一位になり、9週連続1位という歴代1位タイを達成します。
しかし、単独歴代1位の壁は高く、10週目である今週「デスノート」に敗れるらしいです。
速報レベルですが、チケットの売上がかなり負けている模様です。
仕方ないですね。
とはいえ、歴代1位タイですから、誇るべき作品です!!


スポンサーリンク



nice!(0) 

nice! 0