So-net無料ブログ作成
検索選択

寒い日にiPhone6sが電池0%に?! [iPhone]

最近寒くなりましたね。そんな中、私のiPhone6sが不調です。

・異様に冷たくなる
・バッテリーの減りが早い気がする
・iPhone6sが冷たい時に写真を撮ると電源が落ちる
・iPhone6sの電池残量が40%位の時に写真を撮ると電源が落ちる
・電源が落ちた後は充電しないと復活しないが、表示は電池残量0%
最初は「今年は寒いからかなぁ〜・・・」ぐらいに思っていたのですが、日に日に状況は悪くなり、少し寒い日でも簡単に事象が発生するようになりました。

調べてみると、海外のサイトでiPhone6sのロット不良の情報を見つけました。
バッテリーの不良だそうです。

しかし、そのロットが日本にも流れたかどうか不明です。
仕方ないのでソフトバンクに問い合わせしました。
結果、該当する情報はなし。端末をリセットしてみて欲しい・・・と言われました。

そんな中、ついにアップルの日本語サイトにて、正式にこの情報が公開されました!!

https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/
iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

まさにこれ!
私のiPhone6sも該当ロットだと思われたので、シリアル番号をサイトに入力して、確認しました。

「入力されたiPhone6sのシリアル番号は本プログラムの適用対象です。」

iPhone6sリコール
キター!

iPhone6sのバッテリーを無償交換してくれるそうです。

スポンサーリンク

しかし、iPhone6sを毎日使っているヘビーユーザーの私。
交換と言われても、手元からiPhone6sが無くなるのは辛い・・・。

交換方法はいくつか選べるようなので、最も被害の少ない方法を探してみることにした。

郵送は論外だ。3~4日手元から無くなる。

正規のサービスプロバイダと呼ばれる店舗で扱ってくれるらしい。
調べると、カメラのキタムラで対応してくれるようだ。

予約を試みる・・・できない・・・一杯なのか? 遠い店舗でも1週間待ちです。しかも平日のみ。どんなんや!?

よくよく見ると、修理の予約は正確に1週間先(6日間23時間50分先)までしか出来ないシステムの様です。

したがって、土曜日の予約が出来るようになるのは、土曜日に随時ということになります。


(追記:2017年1月14日土曜日)

予約データの更新は噂によると10分毎とのこと。たまに当日キャンセルが大量に出るようで、「本日◯◯時に予約可能」と表示されることがあります。
私がさっき見た時には、カメラのキタムラ渋谷ヒカリエ店で、当日枠が大量に出ていました。

しかし、数時間後には完売。競争が激しいです(;^_^A

あとは準備や待ち時間の問題があります。

iPhoneの修理の準備として「バックアップ」は必須です。今すぐ来て!と言われてもバックアップに20分くらいかかりますよ。
itunesのソフトウェアバージョンが古かった場合、ソフトのバージョンアップにも時間がかかり、30分は見ておく必要があります。

次に待ち時間。

iPhoneは過去にもバッテリー交換プログラムがあったので、その時のユーザーさん達の声を拾ってみました。

・在庫切れで後日対応になってしまった人も居る
・その場で交換してくれたが90分~2時間、タイミングが悪いともう少し待たされる
・受付が混んでいて予約している時間にすぐに対応してくれない
・正規のサービスプロバイダよりもApple Storeの方が確実にその場で交換してもらえる

とのことです。

当日予約枠があったからと言って、わざわざ電車乗り継いで遠いお店まで行くのは「Apple Store」を除いては得策ではないことが分かりますね。

前回より今回はリコール対象が少ないようなので、対応内容は改善されていると思われます。
それでも、待ち時間の2~3時間は、出来れば一度おうちに帰りたい・・・。

・・・となると、やはり定期区間内のサービスプロバイダへ行くしかなく、私の場合は該当店舗は一択でした。
3駅隣にあります。比較的好条件です。

ピンポイントで、一週間先の予約を、解禁時間に狙いを定めてチャレンジすることにしました。

(1月21日追記)

カメラのキタムラで修理してきました。

所要時間は前評判の通りで、90分です。

あわよくば、データが残っていないかと期待したのですが、iPhoneを預ける時に「自分でデータ消去ボタンを押さされます」(爆)

つまり、無用なトラブルを避けるために、パスワードを含めすべてリセットした状態で修理する仕組みなのでした。
なるほど・・・理にかなっているものの、何のおもてなしもない・・・日本的じゃないなぁ・・・。

あと、びっくりしたのが、カメラのキタムラって、カメラ屋さんだと思って行ったら、とんでもない。完全にAppleサービスプロバイダ専門店になっていました。
んじゃ・・店名も変えれば良いのに(笑)。

さて、90分後に修理されたiPhone6sを受け取って、家に帰って「バックアップからの復元」です。

ここで焦ったのが「バックアップパスワードが分からない」ということ。

itunesで一番最初に暗号化バックアップを行った時に、パスワードを入力させられるのですが、以降の2回目、3回目のバックアップではパスワードを聞かれません。だから、すっかり忘れていたのです(爆)。

皆さん、気を付けた方が良いです・・・バックアップパスワードはちゃんと分かるところにメモっておきましょう。
間違ってもiPhoneの中にはメモらないように(笑)。
あ、私は、なんとか見付けました。パソコンにメモしてあったので。

続いて初期セットアップが色々と走り、最後はAPP Storeから購入したアプリが全部、復活インストールし始めます。遠い昔に削除したものも、全部蘇るので、注意が必要です。
ダウンロード&インストールが走るので、確実にWiFi環境で行うことも重要です。データ通信料が勿体ないです。

お店で「iPhoneメールの一括設定」という紙をくれたのですが、復元したらiPhoneメールも復元しているように見えました。この設定は必要なのだろうか・・・まあ、おまじないと思ってやっておくつもりです。


スポンサーリンク



nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1