So-net無料ブログ作成

熊本地震:南海トラフと結び付けたがる人達・・・ [ニュース]

南海トラフに関する記事やツイートが増えて来ています。

私が一番驚いたのは、こちらの記事。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48455
「熊本地震は南海トラフ地震の前兆かもしれない」専門家が警告

なんともセンセーショナルな題名の記事ですが、URLを見てもらうと分かる通り、これは週刊現代などを出版している講談社の編集部で作っているサイトです。

専門家というのも、数時間前に私が書いた記事とは異なり、歴史の専門家:高橋学さんが元ネタを書かれています。高橋さんは立命館大学の教員のようですが、文学部ですね。地震学を研究されている教授の言葉と比べると、説得力に欠けます。
そもそも南海トラフって、どこにある断層か知ってますか?

こちらは普通にWikipediaでも図解されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95

明解です。南海トラフは今回の熊本地震の断層よりもずっと南側にあるのです。

4月14日の前震に対して、4月16日の本震は、少し北側にずれましたよね。
ということは、原因は熊本よりももっと北側にあったということです。
南海トラフからは遠ざかりました。

--------------------------
スポンサーリンク




--------------------------

地震予知は、歴史家は過去のパターンや統計を元に、予知したがりますが、それは文系的な発想です。

地震学など理系の専門家であれば、もっと物理的に明らかなところから予知したいと思うはず。
だから、今回の南海トラフ騒ぎは、地震学の先生からのコメントは出ないと思います。
面倒だから否定はしないかも知れませんが・・・。

関連記事:

熊本地震:本震は予知されていた! [2016/04/16 08:35]
http://fuji35.blog.so-net.ne.jp/2016-04-16
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。